トップページ
Accueil
研究書と翻訳(画像付き)
Études et Traductions (avec image)
参考文献リスト
Bibliographie
研究論文・書評
Articles / Comptes-rendus
シンポジウム・講演
Colloques / Conférences
芸術家関連データリスト
Les Artistes en regard
原典の参照
Livres en ligne
情報科学の道具
Outils informatiques
バルザック年譜
Chronologie
バルザック研究会開催記録
Société japonaise d’études balzaciennes
生誕200年祭
Bicentenaire
『人間喜劇』アルバム
Album « La Comédie humaine »
映像化作品
DVD
関連サイト
Liens

オノレ・ド・バルザック(Honoré de Balzac, 1799-1850)は近代小説の創始者であり、その『人間喜劇』(La Comédie humaine)は19世紀フランス文学の最大の傑作です。この総題のもとに集められた100篇あまりの小説には、2千人を優に超える登場人物が出てきます。

悪魔との契約により身を滅ぼすラファエル(『あら皮』)、純愛の中で官能を極める若きモルソーフ夫人(『谷間の百合』)、冒険と発見を通して自己を作り上げていくラスティニャック(『ゴリオ爺さん』)、男たちを鮮やかに破滅させる貞淑な外見をしたヴァレリー(『従妹ベット』)、悪のポエジーの化身として社会と対決するヴォートラン(『浮かれ女盛衰記』)などが、読者を「西洋の『千夜一夜物語』」の世界へと誘うでしょう。

その登場人物たちの運命を追う読者は、現代社会の抱える問題体系の原点がそこに描き尽くされていることに気がつくかもしれません。『人間喜劇』は、19世紀前半のフランス社会についての歴史書でもあり、モデルニテ(現代性)に翻弄される人間の真実を探る哲学書でもあるのです。

balzac balzac
information
up_bar
・「参考文献リスト」を中心に、多くのコーナーで内容を充実させました(2016年3月)。
・「芸術家関連データリスト Les Artistes en regard」は作成途上のものです。生起回数の再検証後、各種のリストを順次公開していきます。
under_bar

制作:バルザック研究会 copyright © 2001
Société japonaise d’études balzaciennes
All rights reserved.